のんだくれ自警団日誌〜信号旗Wを揚げよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ニッカウイスキー 余市蒸留所見学記

<<   作成日時 : 2009/09/13 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道&東日本パスで札幌まで来たので、余市にあるニッカウイスキー余市蒸留所を見学しました。

前回の記事で色々な行き方を紹介しましたが、結局私はJRで行く事にしました。
せっかくフリーきっぷがあるのにもったいないですものね。

画像


さて余市駅についてカメラを用意すると「バッテリーを充電してください」
というわけで以前に撮影した写真を使いますのでご容赦のほど・・・

画像

駅から歩いて3分ほどで工場の正門につきます。
他にも入り口は北口・南口があるのですが一般的ではないので割愛します。
入り口を入ると受付があるので入場手続きをします。その際自由見学かガイドツアーを選択します。
自由見学は文字通り自分で自由勝手に見学していく事。ツアーガイドは1時間に1回ガイドさんと一緒に回る形式になります。
最初の1回はガイドツアーで、2回目以降に訪れる場合は自由見学がいいでしょう。
今回はガイドツアーに沿って紹介したいと思います。

画像

まず最初に案内されるのはキルン塔。
これは原料の麦芽をピートで乾燥させる建物です。ウイスキーの蒸留所にはたいていこの建物があり、形も東南アジアのパコダ様式の屋根の形になっています。

画像

これがピートです。泥炭とも呼ばれており枯れ草が石炭になる過程の中間段階にあるものです。
これで麦芽をいぶすとウイスキー独特の香りが付きます。

画像

この写真ではピートを燃やして麦芽をいぶしていますが残念ながら普段は稼動させていません。
というのも現在は生産量が多すぎて、最初から乾燥させた麦芽を輸入しているためです。
このためキルン塔が稼動しているのは「余市マイウイスキーづくり」の実施日に当る年2週間程度となります。

画像

次に案内されるのが蒸留塔です。
ウイスキー作りの中で大事な行程のひとつの蒸留器があります。
余市蒸留所の蒸留器はストレートタイプと呼ばれる最も単純な形で、重厚なウイスキーができます。

画像

また余市蒸留所の特徴として、世界唯一となった人力による石炭直火焚きで蒸留しているところです。
この写真では使い終わったウイスキーの樽材を入れています。焚きつけにでもしているのでしょうか?
また、蒸留作業も季節を設定して行っていますので1年中見られるわけではありません。
大体ですが3〜6月、9〜11月ならば蒸留作業を見ることができると思います。

画像

次に案内されるのが発酵行程、ここでウイスキーの元(蒸留前の原酒)が作られます。

画像

画像

次は蒸留所創設時の事務所です。
まるで小屋のようで、当時はこんなに小さかったのかと驚きます。

画像

画像

次に紹介されるのが第一号貯蔵庫です。
現在は残念ながらウイスキーの貯蔵には使用されておりませんが、他の貯蔵庫も同じように土床で2段積みで貯蔵、熟成されています。

画像
画像
画像
画像

次にウイスキー博物館を案内されます。ここではニッカの歴史、創業者竹鶴政孝氏の生い立ち、ウイスキーの歴史について知る事ができます。
ガイドツアーではわずかな時間しか見学できませんし、シングルカスクウイスキーやその他珍しいウイスキーを試飲(一部有料)出来るので、ツアーが終わってから再度見学するといいでしょう。

画像

最後にニッカ会館でウイスキーの試飲になります。ここで試飲できるのは。
1.シングルモルト余市十年
2.鶴17年
3.アップルワイン
4.アサヒ烏龍茶
5.リンゴジュース
です。
昔は何杯飲んでも良かったのですが、へべれけに酔って性質が悪くなる人がいたのか現在は2杯までとなっております。
ここでガイドツアーは終わりとなります。
この後はお土産屋「ノースランド」でお買い物となります。
画像


蒸留所のガイドツアーだけではまだまだ見たりないところがあります。
後日、他の見所もいっぱいあるので紹介したいと思います。

この余市蒸留所は工場というより公園という感じが強いです。
また北海道の気候のせいもあるでしょうが、日本というよりスコットランドにいるかのような錯覚を覚えます。
お酒を飲めない人でも散歩するだけでも価値はあるかと思いますので、北海道のお越しの際は見学されてはいかがでしょうか?







もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹

ユーザレビュー:
アロマさえも感じる様 ...
好きなマンガのような ...
スコッチの本場の風景 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニッカウイスキー 余市蒸留所見学記 のんだくれ自警団日誌〜信号旗Wを揚げよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる