のんだくれ自警団日誌〜信号旗Wを揚げよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 五連休の旅〜かみのやま温泉でひとっ風呂

<<   作成日時 : 2009/10/12 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米坂線の列車の終点米沢駅で下車した後、後は奥羽本線を北上して宿泊地の秋田まで行く予定だったのですが、いいかげん飽きてきたのと疲れてきたのとで、一休みしたいと考えました。

考えてみたら米沢と山形の間にかみのやま温泉という温泉地があります。
ちょっとひとっ風呂浴びる事は出来ないかと考えて時刻表とにらめっこしたら、1時間くらいは取れそうなので「かみのやま温泉駅」で下車しました。

画像


駅から一番近い浴場は「二日町共同浴場」とわかり早速行ってみる事に。
歩いて7〜8分でしょうか。神社が目印となります。
画像

浴場には駐車場はありませんが、近くのスーパーに止めて差し支えないようです。

画像

神社の裏側に目指す温泉はありました。


中は昔ながらの銭湯そのもので、お風呂自体はあまり広くありません。4人も入ればいっぱいでしょう。
入湯料は100円!
安いと思っていたら「洗髪料100円」と別料金になっていました。
それでも十分安いですけどね。
※知らない人も多いでしょうが洗髪料というのは、備え付けのシャンプーを利用する代金という意味ではなく、髪を洗うのに使うお湯の使用料という意味です。

ちなみに銭湯の意味合いが強いので、備え付けのシャンプーや石鹸・タオルなどと気の効いた物はありません。
あらかじめ用意していきましょう。
券売機で入湯料と洗髪料のチケットを買い、番台のおばあちゃんへ渡します。
すると洗髪料を払った証拠となるプラスチックの板をくれます。髪を洗うときは洗面台にこの板を立てるわけです。
お湯は無色透明で匂いも特にないので、温泉という感じは余りありません。
お湯はかなり熱いです。高血圧症の人にはあまりお勧めできません。
浴槽の隣に、源泉と思われる浴槽がありました。「このお湯は熱いので注意してください」との案内。どれくらい熱いのかと手を入れてみると・・・

アッヂ〜〜〜!!
こんなのに入ったら冗談抜きでゆだっちゃうような熱さです。
絶対にザッポーンと飛び込んではいけません。

風呂から上がって、駅に戻ろうとしていると次の看板が目に付きました。
画像


あっ、映画「おくりびと」のさつえいはここで行われたのですね。
山形で撮影していたのは知っていましたがここだとはついぞ知りませんでした。
画像

私が見たのは「主人公の実家」とされる建物、普段はスナックとして使われているようでした。

駅に戻ってから、発車まで時間があったので駅の売店でアイスでも買おうとしたところ山形銘菓(?)のおしどりミルクケーキが。
ミルクケーキと言ってもスポンジケーキとかではなく、粉乳に味をつけて固めたような物で明治製菓の「ヨーグレット」みたいなお菓子です。思わず一つ買って、旅の間中ボリボリかじってました。



おくりびと [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2009-03-18

ユーザレビュー:
過大評価前評判があが ...
つまらない・・都合に ...
「門」のこちら側にい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




おくりびと ロケ地めぐり~やまがたシネマ紀行~ [DVD]
(株)テレビユー山形
2009-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五連休の旅〜かみのやま温泉でひとっ風呂 のんだくれ自警団日誌〜信号旗Wを揚げよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる